2008.09.22

How to Read series

How to Read series, Granta Books

Miriam Leonard, How to Read Ancient Philosophy, London, 2008.
Richard Kraut, How to Read Plato, London, 2008.
Timothy McDermott, How to Read Aquinas, London, 2007.
Terence Cave, How to Read Montaigne, London, 2007.
John G. Cottingham, How to Read Descartes, London, 2008.
Simon Blackburn, How to Read Hume, London, 2008.

John D. Caputo, How to Read Kierkegaard, London, 2007.
Keith Ansell-Pearson, How to Read Nietzsche, London, 2005.
Mark Wrathall, How to Read Heidegger, London, 2005.
Robert Bernasconi, How to Read Sartre, London, 2006.
Stella Sandford, How to Read Beauvoir, London, 2006.
Johanna Oksala, How to Read Foucault, London, 2007.
Penelope Deutscher, How to Read Derrida, London, 2005.

Mark Ridley, How to Read Darwin, London, 2005.

Barry Kemp, How to Read the "Egyptian Book of the Dead", London, 2007.
Richard Holloway, How to Read the Bible, London, 2006.
Mona Siddiqui, How to Read the Qur'an, London, 2007.

Maurizio Viroli, How to Read Machiavelli, London, 2008.
Peter Osborne, How to Read Marx, London, 2005.
Neil Gregor, How to Read Hitler, London, 2005.

Josh Cohen, How to Read Freud, London, 2005.
David Tacey, How to Read Jung, London, 2006.
Slavoj Zizek, How to Read Lacan, London, 2006.

Nicholas Royle, How to Read Shakespeare, London, 2005.
John Phillips, How to Read Sade, London, 2005.
Derek Attridge, How to Read Joyce, London, 2007.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.05

肉体と死と悪魔

マリオ・プラーツ『肉体と死と悪魔― ロマンティック・アゴニー』倉智恒夫・草野重行・土田知則・南條竹則 訳, 国書刊行会, 1986, 2000.
(BG, 2500+340)

Mario Praz, La carne, la morte e il diavolo nella letteratura romantica, 1930.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.06

Stages of Thought

Stages of Thought

Martha C. Nussbaum,  The New Republic  Published: Wednesday, May 07, 2008

review of:

Shakespeare the Thinker
By A.D. Nuttall

Shakespeare's Philosophy: Discovering the Meaning Behind the Plays
By Colin McGinn

Double Vision: Moral Philosophy and Shakespearean Drama
By Tzachi Zamir

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.27

オーランドー

ヴァージニア・ウルフ『オーランドー ある伝記』川本静子 訳, みすず書房, 2000.
(BO)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.02

文学批評入門

W.L.ゲーリン, E.G.レーバ, L.モーガン, J.R.ウィリンガム 『文学批評入門』 日下洋右・青木健 訳, 彩流社, 1986.
(日古, 1000+340)

Wilfred L. Guerin, Earle Labor, Lee Morgan, and John R. Willingham, A Handbook of Critical Approaches to Literature, 2nd ed., 1979.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.21

西洋文学における古典の伝統

G.ハイエット 『西洋文学における古典の伝統』(上・下) 柳沼重剛 訳, 筑摩叢書, 1969.
(日古, 2400+300, LN)

Gilbert Highet, The Classical Tradition, Oxford, 1949.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.16

十八世紀の自然思想

バジル・ウィリー『十八世紀の自然思想』三田博雄・松本啓・森松健介 訳, みすず書房, 1975.
(日古, 2500+400)

Basil Willey, The Eighteenth Century Background: Studies on the Idea of Nature in the Thought of the Period, London, 1940.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.13

書籍の周囲

『林達夫著作集6 書籍の周囲』久野収・花田清輝 編集, 平凡社, 1972.
(Y., 750+340)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.07

<無人>の誕生

楜澤厚生『<無人(ウーティス)>の誕生』影書房, 1989.
(日古, 1050+160)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.27

純粋理性批判殺人事件

マイケル・グレゴリオ 『純粋理性批判殺人事件』(上・下)角川文庫, 2006.

Asahi.com の紹介で知って、原題は何だろうと調べてみると、

Michael Gregorio, Critique of Criminal Reason, Faber and Faber, 2006 (6 Jul).

元も出版されたばかりのようです。
直訳『犯罪理性批判』の方がスワリがいい気がしますが、
硬すぎるのかも知れません。
『純粋理性批判 (英題 Critique of Pure Reason) 』と関連があるのでしょうけれど、『犯罪理性批判』だと確かにわかりにくくはなります。しかし、そもそも「犯罪理性」とは何でしょう。

フィリップ・カー『殺人探究』(新潮文庫, 1997) というのもありました。
原題は
Philip Kerr, A Philosophical Investigation, 1993.
この邦題では関連がわかりにくい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧