2008.09.13

The Cambridge World History of Medical Ethics

Robert B. Baker and Laurence B. McCullough eds., The Cambridge World History of Medical Ethics,  Cambridge: Cambridge University Press, 2008.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.12

死にゆく者の孤独

ノルベルト・エリアス『死にゆく者の孤独』仲居実 訳, 法政大学出版局, 1990.
(Y., 600)
Norbert Elias, Über die Einsamkeit der Sterbenden in unseren Tagen, 1982.
Norbert Elias, "Aging and Dying: Some Sociological Problms", 1985.

Published works by Norbert Elias

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.02

技術倫理

C.ウィットベック『技術倫理1』札野順訳・飯野弘之 訳, みすず書房, 2000.
(EB, 320)
ch.4 までの訳。続巻未刊

Caroline Whitbeck, Ethics in Engineering Practice and Research, Cambridge, 1998.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.21

続・人間に未来はあるか

G.R.テイラー『続・人間に未来はあるか― 最後の審判』大川節夫 訳, みすず書房, 1971.
(AMP., 1+340)

G.R.Taylor, The Doomsday Book, 1970.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.27

クローン、是か非か

マーサ・C・ナスバウム, キャス・R・サンスタイン編『クローン、是か非か』中村桂子・渡会圭子 訳, 産業図書, 1999.
(AMP., 300+340)
Martha C. Nussbaum and Cass R. Sunstein eds., Clones and Clones: Facts and Fantasies about Human Cloning, New York: W. W. Norton, 1998

加藤尚武 編『環境と倫理』有斐閣, 1998.
(BO.,400)
新版2005年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.03

生命

多田富雄・中村雄二郎 編『生命―その始まりの様式』誠信書房, 1994.
(AMP.,480+340)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.02

死の尊厳

星野一正 編『死の尊厳 ― 日米の生命倫理』思文閣出版, 1995.
(Y., 800+290)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.27

生と死の様式

多田富雄・河合隼雄 編『生と死の様式―脳死時代を迎える日本人の死生観』誠信書房, 1991.
(BO)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.20

高齢社会を生きる

清水哲郎 編『高齢社会を生きる― 老いる人/看取るシステム』「未来を拓く人文・社会科学シリーズ」03, 東信堂, 2007.
(A.MP.,1000+340,LN)

浅井篤・服部健司・大西基喜・大西香代子・赤林朗『医療倫理』勁草書房, 2002.
(A.MP.,899+340)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.14

Bioethics: Ancient Themes in Contemporary Issues

Mark G. Kuczewski and Ronald Polansky eds., Bioethics: Ancient Themes in Contemporary Issues, Cambridge, Mass., 2000.(pb.2002)
(ab.,5.61+8.00,LN)

| | コメント (0) | トラックバック (0)