« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008.07.27

科学の哲学

西脇与作『科学の哲学』慶応義塾大学出版会, 2004.
(Y., 1200+340)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クローン、是か非か

マーサ・C・ナスバウム, キャス・R・サンスタイン編『クローン、是か非か』中村桂子・渡会圭子 訳, 産業図書, 1999.
(AMP., 300+340)
Martha C. Nussbaum and Cass R. Sunstein eds., Clones and Clones: Facts and Fantasies about Human Cloning, New York: W. W. Norton, 1998

加藤尚武 編『環境と倫理』有斐閣, 1998.
(BO.,400)
新版2005年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミクロコスモス

L.マルグリス, D.セーガン『ミクロコスモス ― 生命と進化』田宮信雄 訳, 東京化学同人, 1989.
(AMP., 325+340)
Lynn Margulis and Dorion Sagan, Microcosmos: Four Billion Years of Evolution from our Microbial Ancestors, foreword by Lewis Thomas, Allen & Unwin, 1987.

リン・マーギュリス, ドリオン・セーガン『生命とはなにか ― バクテリアから惑星まで』 池田信夫 訳, せりか書房, 1998.
(EBO, 1680)
Lynn Margulis and Dorion Sagan, What is life ?, foreword by Niles Eldredge, A Peter N. Nevraumont book, Simon & Schuster, 1995.

デイヴィッド・プレマック, アン・プレマック『心の発生と進化 ― チンパンジー、赤ちゃん、ヒト』鈴木光太郎 訳, 長谷川寿一 監修, 新曜社, 2005.
(BOO., 2500)
David Premack, Ann James Premack, Original Intelligence: Unlocking the Mystery of Who We Are, New York, 2003.

ケヴィン・デイヴィーズ『ゲノムを支配する者は誰か ― クレイグ・ベンターとヒトゲノム解読競争』中村桂子 監修, 中村友子 訳, 日本経済新聞社, 2001.
(AMP., 75+340)
Kevin Davies, Cracking the Genome: Inside the Race to Unlock Human DNA, 2001.

ドゥーガル・ディクソン&ジョン・アダムス『フューチャー・イズ・ワイルド ― 驚異の進化を遂げた2億年後の生命世界』松井孝典 監修, 土屋晶子 訳, ダイヤモンド社, 2004.
(BO.,400)
Dougal Dixon, John Adams, The Future is Wild, 2002.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アリストテレスの哲学

アラン『アリストテレスの哲学』山本光雄 訳, 以文社, 1979.
(Y.,770+290)
D.J.Allan, The Philosophy of Aristotle, 1952.
原著には2版(1970)がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギリシア・ローマの美術

スーザン・ウッドフォード『ギリシア・ローマの美術』「ケンブリッジ西洋美術の流れ1」青柳正規・羽田康一 訳, 岩波書店, 1989.
(Y., 600+160)
Susan Woodford, The Art of Greece and Rome, Cambridge Introduction to the History of Art,  Cambridge: Cambridge University Press, 1982.

西村太良 監修『ギリシア』「読んで旅する 世界の歴史と文化」新潮社, 1995.
(AMP., 328+340)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Other Voices/ Other Rooms

David Bowie, Love You Till Tuesday, DVD, Universal, 2004.
(Y., 1500+160, J.N)

Nanci Griffith, Other Voices/ Other Rooms, 1993.
Nanci Griffith, The Dust Bowl Symphony, 1999. (J)
(Y., 800,810+210)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.12

Trials of Reason

David Wolfsdorf, Trials of Reason: Plato and the Crafting of Philosophy, New York: Oxford University Press, 2008. 
Reviewed by David M. Johnson, Bryn Mawr Classical Review

Anna-Maria Ioppolo, David N. Sedley eds., Pyrrhonists, Patricians, Platonizers: Hellenistic Philosophy in the Period 155-86 BC, Tenth Symposium Hellenisticum, Napoli:  Bibliopolis, 2007.
Reviewed by Diego E. Machuca, Bryn Mawr Classical Review

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Philosophy of Biology

Paul Griffiths, "Philosophy of Biology", Stanford Encyclopedia of Philosophy, new entry on July 4, 2008.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Clock without Hands

Nanci Griffith, Clock without Hands, Elektra, 2001.
(Y., 1330+180, J.N.)

Tin Machine, essential equipment..., boot.
(Y., 310+180)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生物学!

P.B. メダワー,  J.S. メダワー『アリストテレスから動物園まで ― 生物学の哲学辞典』長野敬・鈴木伝次・田中美子 訳, みすず書房, 1993.
(Y., 800+160, LN)
P.B. Medawar and J.S.Medawar, Aristotle to Zoos: A Philosophical Dictionary of Biology, Cambridge, Mass., 1983.

ジョン・メイナード スミス『進化遺伝学』巌佐庸・原田祐子 訳, 産業図書, 1995.
(BOO, 1500, LN)
John Maynard Smith, Evolutionary Genetics. Oxford, 1989.

ジョン・クレス, ゲーリー・バレット編『生物学! ― 新しい科学革命』大岩ゆり 訳, 築地書館, 2003.
(BOO, 851, LN)
W. John Kress and Gary W. Barrett eds., A New Century of Biology, Smithsonian Institution Press, 2001.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現代哲学

門脇 俊介『現代哲学』産業図書, 1996.
(BOO, 851,LN)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.05

歌いながら人生を

アマリア・ロドリゲス『歌いながら人生を―アマリア・ロドリゲス詩集』カウド ヴェルデ 訳, 彩流社, 2006.
(Y., 580+160, LN)
Versos Amalia Rodrigues, 1997.

David Bowie, BOWIE 1974, boot.
(Y., 510+210)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道徳の哲学者たち

リチャード・ノーマン『道徳の哲学者たち ― 倫理学入門』塚崎智・石崎嘉彦・樫則章 監訳, ナカニシヤ出版, 2001.
(NF. 2500+340, LN)
Richard Norman, The Moral Philosophers: An Introduction to Ethics, 2nd ed., 1998.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダーウィン・ウォーズ

アンドリュー・ブラウン『ダーウィン・ウォーズ ― 遺伝子はいかにして利己的な神となったか』長野敬・赤松真紀 訳, 青土社, 2001.
(Y., 1000+160)
Andrew Brown, The Darwin Wars: How Stupid Genes became Selfish Gods, 1999.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神話と宗教

アンドレ・ボナール『ギリシアの神々』戸張智雄・戸張規子 訳, 人文書院, 1984.
(Y., 300+160, LN)
A.Bonnard, Les dieux de la Grèce, 1944.

W.F.オットー『神話と宗教 ―古代ギリシャ宗教の精神』辻村誠三 訳, 筑摩叢書, 1966.
(NF, 700+)
Walter F. Otto, Theophania: der Geist der altgriechischen Religion, 1956.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界文学全集2

『世界文学全集2』講談社, 1978.
(Y., 700+290, LN)

アイスキュロス『縛られたプロメテウス』岡道男 訳, 
ソポクレス『アンティゴネ』松平千秋 訳,
エウリピデス『イオン』中村善也 訳,
アリストパネス『男の平和』中務哲郎 訳,
プラウトゥス『綱曳き』松平千秋 訳,
テレンティウス『ポルミオ』岡道男 訳,
セネカ『恋のパエドラ』中村善也 訳.

中村善也 解説
岡道男 ギリシア・ローマ演劇年表

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界人生論全集2

『世界人生論全集2』筑摩書房, 1963.
(AMP, 1000+340)

キケロ『最高の善と最大の悪について』渡辺義雄 訳 
キケロ「人生の幸福について」[Tusculanae Disputationes, excerpt] 呉茂一 訳 
セネカ「道徳書簡選」湯井壮四郎 訳 
アウレリウス『自省録』(抄)鈴木照雄 訳 
プルタルコス「七賢人の饗宴」藤井義夫 訳 
プルタルコス「運命論」戸塚七郎 訳 
ユウェナーリス「むなしきは人の願い」[Satura X] 樋口勝彦 訳
ユウェナーリス「人の表人の裏」{Satura II](抄)樋口勝彦 訳
ホラーティウス「寛容の徳」[Sermonum I.3] 高津春繁 訳 
ホラーティウス「わたしの父」[Sermonum I.6] 高津春繁 訳 
ホラーティウス「売込み」[Sermonum I.9] 高津春繁 訳 
ホラーティウス「人間の愚かさ」[Sermonum II.3] 高津春繁 訳
ルーキアーノス「おとことおんな」高津春繁 訳 
ルーキアーノス「メニッポス」高津春繁 訳
ルーキアーノス「二重に訴えられて」高津春繁 訳

斎藤忍随「ヘレニズムと個人」

月報
西脇順三郎「ローマの賢人道徳」
呉茂一「トゥスクルムの丘を訪ねて」
堀秀彦「古典について教える古典」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界名詩集大成1 古代・中世

『世界名詩集大成1 古代・中世』平凡社, 1960.
(AMP,1200+340)

収録詩
【ギリシア・ローマ】
・「ギリシア抒情詩集」呉茂一・藤井昇・河底尚吾 訳
・ピンダロス「オリュムピア祝捷歌集」(全) 久保正彰 訳
・バッキュリデース「詩集」(抄)高津春繁 訳
・カリマコス「讃歌」(抄)松平千秋 訳
・テオクリトス「詩集」(抄)呉茂一 訳
・「アナクレオンテア」(抄)呉茂一 訳
・『ギリシア詞華集』(抄)呉茂一 訳

・カトゥルス「詩集」(抄)呉茂一・坪井光雄 訳
・ウェルギリウス「田園詩」(抄)八木綾子 訳
・ホラーティウス「カルミナ」(抄)呉茂一・坪井光雄・国原吉之助 訳
・プロペルティウス「哀歌」(抄)呉茂一 訳
・ティブッルス「詩集」(抄)国原吉之助 訳
・オウィディウス「名婦の書簡」(抄)松本克己 訳
・オウィディウス「黒海からの便り」(抄)松本克己 訳
・ペルシウス「サトゥラ」(抄)湯井壮四郎 訳
・マールティアーリス「エピグラム集」(抄)樋口勝彦 訳
・ユウェナーリス「諷刺詩集」(抄)国原吉之助 訳
・「愛の女神宵宮の歌」国原吉之助 訳
・「中世ラテン詩人集」呉茂一 訳

【中世】
・『ギョームの歌』(抄)佐藤輝夫 訳
・マリ・ド・フランス『小曲歌物語』(抄)近田武 訳
・ハルトマン『あわれなハインリヒ』(全)戸沢明 訳
・ワルター『詩集』(抄)石川敬三 訳
・『ベーオウルフ』(抄)忍足欣四郎・池上嘉彦 訳
・『真珠』(全)寺沢芳雄 訳
・『さすらい人』(全)寺沢芳雄 訳
・『ぼろおにやびとの控え書』(全)三浦逸雄 訳
・トーデイ『聖母を讃えまいらす歌』(抄)三浦逸雄 訳
・『ブィリーナ』(抄)佐々木千世 訳
・『イゴーリ軍記』(全)木村浩 訳
・『エッダ』(抄)松谷健二 訳
・『ポリスヘの哀歌』(全)梅田良忠 訳
・『コーンスタンティヌポリス占領の哀歌』(全)梅田良忠 訳

高津春繁「ギリシアの詩」
呉茂一「ローマ詩史」
佐藤輝夫「ヨーロッパ中世詩の展望」

月報
高津春繁「ギリシア詩の伝承」
松浦嘉一「『詩学』とギリシア詩人」
佐藤輝夫「『ギョームの歌』とギョーム伝説」

収録ギリシア語・ラテン語詩、その後の訳

ピンダロス『祝勝歌集/断片選』内田次信 訳「西洋古典叢書」京都大学学術出版会, 2001.

『ギリシア合唱抒情詩集』丹下和彦 訳「西洋古典叢書」京都大学学術出版会, 2002. [アルクマン、ステシコロス、イビュコス、シモニデス、バッキュリデス]

テオクリトス『牧歌』古澤ゆう子 訳「西洋古典叢書」京都大学学術出版会, 2004.

カトゥルルス「レスピアの歌」中山恒夫編訳『ローマ恋愛詩人集』「アウロラ叢書」国文社, 1985.

ウェルギリウス『牧歌・農耕詩』小川正廣 訳「西洋古典叢書」京都大学学術出版会, 2004. 他 

ホラーティウス『歌章』藤井昇 訳 「古典文庫 47」, 現代思潮社, 1973.
「歌集」『ホラティウス全集』鈴木一郎 訳, 玉川大学出版部, 2001.

オウィディウス『悲しみの歌、黒海からの手紙』木村健治 訳 「西洋古典叢書」京都大学学術出版会, 1998.

「プロペルティウス詩集」中山恒夫編訳『ローマ恋愛詩人集』「アウロラ叢書」国文社, 1985.

「ティブルルス詩集」中山恒夫編訳『ローマ恋愛詩人集』「アウロラ叢書」国文社, 1985.

マールクス・ワレリウス・マールティアーリス『マールティアーリスのエピグランマタ』 上・下, 藤井昇訳, 慶応義塾大学言語文化研究所, 1973-1978.

ユウェナーリス『サトゥラェ : 諷刺詩』 藤井昇 訳, 日中出版, 1995.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »